税金

被相続人・相続人・相続分について

相続について家族や親族について話をしたことってありますか?
まだ、誰もそのような状態になっていないのに、まさかそんな話なんて……と思っている方も多い思います。
しかし、いざその場になった時にお金の絡む内容になるということで、家族や親族とは思えない程のトラブルが起きる事もあるんです。

このような相続に関しての事は、一生の内であるかないかという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、人の死というものは、いつ何処で、どのような形で起こるものなのか全く分かりません。
そこで、いきなりこのような場に立たされた時に、何も知らないじゃ済ませられないこともあるんです。

ここで、少し相続に関する基本的なことをお話したいと思います。
相続とは、亡くなった人の配偶者や子供が遺産を引き継ぐことです。
この時に亡くなった人のことを「被相続人」と言い、引き継ぐことになった人たちのことを「相続人」となります。

では、だれが相続人としてなれるのかというと、①子供 ②父母 ③兄弟姉妹 というような順になります。
先に亡くなっていた場合などは、被相続人の孫や甥姪が含まれることがあるので、しっかり確認しておいて下さい。

そして、相続分というのは、話し合いで決めるのではなく、裁判から決着を出すことです。
これは「法定相続分」となり、ここで取り分けが決まります。
法定相続分には決まりがあり、配偶者や他の相続人に対しての割合は法定として決まっているんですね。

この様に、万が一の状態になった時に起こる相続分の手配ですが、自分たちだけでは解決できないような場合には相続専門に相談することをおすすめします。
しかし、わからないからと言って身内の親族の人たちにお任せしますという事だけは止めてください。

自分の目で、どれくらいの遺産があるのかやどれ位の割合で分ける事になるかなど、知っておいて損はないと思います。
しっかりと相続について内容を理解しておくといいですね!

Menu